研究会のご案内

第23回諜報研究会

日程:2018年6月30日(土)

第Ⅰ部:

インテリジェンス・ツアー 蔽之館(東中野駅)から、陸軍憲兵学校、陸軍中野学校(中野駅)へ


時間・場所:12:30 JR「東中野駅」西口改札前集合

解説:山本 武利(最近東中野駅近くで所在の突きとめられた蔽之館については第Ⅱ部で山本が詳述)
案内:正田 浩由


第Ⅱ部:

3代のインテリジェンス機関――誕生期の成果と課題


会場:早稲田大学中野国際コミュニティプラザ(早稲田大学エクステンションセンター中野校)1階 116教室

               地図

   ・JR・東京メトロ東西線「中野駅」北口より徒歩10分

      または

   ・関東バス「東京警察病院北門前」より徒歩1分

   ※中野駅からは、税務署の脇から四季の森公園を通り抜けていただくと近道です。


司会:河野通之(NPO法人インテリジェンス研究所理事)



1、明治前期 14:00~15:30

村上 勝彦(東京経済大学名誉教授、元東京経済大学学長)

「明治前期の陸軍参謀本部のインテリジェンス活動―主に中国、朝鮮での活動と地図作成―」

誕生直後の時期に参謀本部がまとめた地図など兵要地誌について報告者は40年前にその詳細を実証した。これは記念碑的なインテリジェンス研究の業績で、今も乗り越えられていない。今回の報告はその後の研究成果が反映されたものとなろう。



2、昭和10年代 15:30~16:20

山本 武利(早稲田大学・一橋大学名誉教授、NPO法人インテリジェンス研究所理事長)

「蔽之館の開校とラジオ傍受活動」

パールハーバー直前に日系2世の俊英数十人が外務省によって日本に呼び寄せられた。秘かに東中野の施設蔽之館(へいしかん)で国際情勢を学んだ彼らはVOA対日ラジオを傍受するだけでなく、米国内の中波放送多数をキャッチして外務省や参謀本部の対米工作に寄与した。戦後彼らが結成したラヂオプレスは現在も北朝鮮放送傍受で日本のインテリジェンス活動に大きく寄与している。



3、昭和戦後期 16:30~17:40

岸 俊光(毎日新聞オピニオングループ部長委員)

「内閣調査室の知識人人脈――1960年代の「官製シンクタンク」機能に着目して」

秘かに日本版CIAを目指して1952年に誕生した内閣調査室は多彩な人材を吸収した冷戦期の独立日本のインテリジェンス機関であった。最近報告者がまとめた博士論文の成果が簡潔に紹介されよう。



資料代:500円

懇親会代:1,000円(希望者のみ)


申込方法:①お名前

     ②第Ⅰ部参加 or 不参加

     ③第Ⅱ部参加 or 不参加

     ④懇親会参加 or 不参加

を明記の上、

npointelligence@gmail.com

までご連絡下さい。

資料準備などの都合上、6月27日(水)をお申込みの締切とさせていただきます。

お知らせ

2017年4月から、NPO法人インテリジェンス研究所の「20世紀メディア情報データベース」と「ざっさくプラス」(皓星社)の連携検索が実現することに なりました。この連携により、明治期から現在に至る切れ目のない雑誌記事検索が可能になります。詳しくは皓星社のHPを御覧ください。
なお、この連携検索には新聞記事は含まれておりません。雑誌・新聞記事の両方を検索される方は引き続き文生書院と機関契約していただくか、 個人資料会員を御利用下さい。

「検閲研究ウェブサイト」と「CCD日本人雇用者リスト」を公開しました。
公開後、多くの方より貴重な情報をいただいており、深く御礼申し上げます。 引き続き情報提供を心よりお待ち申し上げます。

早稲田大学20世紀メディア研究所主催の研究会についてはこちら


最新ニュース

読売プレミアム(会員限定)に第22回諜報研究会第Ⅰ部のインテリジェンス見学ツアーの様子が掲載されました。(http://premium.yomiuri.co.jp/pc/#!/news_20180604-118-OYTPT50277/list_NEWSKO)(2018年6月12日)

第23回諜報研究会の内容について更新いたしました(2018年6月12日)

第23回諜報研究会の詳細について掲載いたしました。(2018年6月5日)

『メディア展望』2018年6月号に、山本武利理事長の著書『陸軍中野学校 「秘密工作員」養成機関の実像』の書評が掲載されました。こちらをご覧ください。(2018年6月3日)

『出版ニュース』2018年5月中・下旬号(出版ニュース社)に、山本武利理事長の「GHQの検閲者Kinoshita Junjiはあの木下順二か」が掲載されました。全文はメディア掲載情報よりご覧になれます。(2018年6月1日)

第23回諜報研究会(2018年6月30日(土)開催)について掲載いたしました。(2018年5月28日)

第22回諜報研究会が開催されました。(当日配布資料などはこちら)(2018年5月27日)

日本人検閲者名簿検索をリニューアルし、検索結果が見やすくなりました。(2018年4月4日)

大分プランゲ文庫の会(代表:白土康代氏)の活動の成果(プランゲ文庫収蔵の出版物の中から、地域にとってさまざまな点において意義がある作品を紹介し、 朗読を行った番組の記録)を紹介させていただけることになりました。 朗読を行った6作品のうち、4作品はhttp://goo.gl/8AkF7f で聞くことができます。 番組の記録である「大分プランゲ文庫の風」特別号や、同誌の1~4号(研究調査・活動などの報告)を希望される方は、 大分プランゲ文庫の会 oitaprange@gmail.com までご連絡ください。

テクノインテリジェンスコーナーで4つのテーマを新規公開しました。
  テーマC-08 上下水道用電気設備
  テーマD-02 シリーズ「スポーツを科学する」  第1回 「競泳技術を科学する」
  テーマC-07 暗号と社会のかかわり史(その2)
  テーマD-02 シリーズ「スポーツを科学する」  《好評連載中》  第2回 「野球の科学」