<平成29年>

●『15年戦争と日本の医学医療研究会会誌』第17号第2号に、山本武利理事長の著作『日本のインテリジェンス工作』(新曜社、2016年)についての 書評(刈田啓史郎氏)が同会の許可をえて転載されました。

●『メディア展望 2017年5月号』(新聞通信調査会発行)に、山本武利理事長の著作『日本のインテリジェンス工作』(新曜社、2016年)についての 書評(小幡利夫氏) が「公益財団法人新聞通信調査会」の許可を得て転載されました。

● 読売新聞(4月1日夕刊)に山本武利理事長のインタビュー記事(「旧日本軍の諜報活動研究 米公文書に事実を尋ね」)が 掲載されました。(290401)

● 毎日新聞(2月12日朝刊)に山本武利理事長の著書『日本のインテリジェンス工作』(新曜社)の紹介と、インタビュー記事 (「陸軍中野学校の創立期に迫る」)が掲載されました。


<平成27年>

●新潮45 11月号に山本武利理事長寄稿の「陸軍中野学校の秘密戦教育」が掲載されました(2701028)

●朝日新聞 8月7日朝刊掲載小林秀雄全集未収のエッセーは、プランゲ文庫から発見されたものです。(2700918)

●毎日新聞 8月15日朝刊号)に山本武利理事長寄稿の「歴史への統括 徹底せず』が掲載されました。(2700820)

●白土康代氏著「占領下の日本~別府から見た戦後ニッポン」が、弦書房より刊行されました。(270719)

●東京人 8月号(7月3日発売)に山本武利理事長寄稿の「『緻密な検閲』という占領下の戦略」が掲載されました。(2700717)

●文生書院より、『Intelligence』第15号が、平成27年5月15日に刊行されました。(270530)

●新潮45 4月号に山本武利理事長寄稿の「野坂参三の『延安妻』毛沢東が用意した”秘書”」が掲載されました。 (270328)


<平成26年>

●日本経済新聞12月10日(水)に、原勝洋氏寄稿「米公文書が記す日本戦史―旧海軍が隠した山本五十六戦死の真実、明らかに」が掲載されました。(261222)

●山本武利 監修/永井良和 編『占領期生活世相誌資料Ⅰ 敗戦と暮らし』(新曜社) が、8月15日に刊行されました。(260930)

●熊本日日新聞1月21日(火)から25日(土)の連載においてCCD勤務の日本人に関する特集記事 および山本武利理事長のコメントが掲載されました。(260327)

●11月5日(火)NHK総合「クローズアップ現代」にて、当研究所および早稲田大学20世紀メディア研究所が全面協力した、 CCDの日本人検閲官に関する調査番組が放映されました。(251106)

●『新潮45』2014年11月号に、山本武利「朝日新聞の歴史を貫く七つの「ブラック綱領」」が掲載されました。(261018)

●文生書院より「Intelligence」第14号が平成26年3月末に刊行されました。(260426)

●平凡社より、加藤哲郎理事による著書『ゾルゲ事件―覆された神話』(平凡社新書)が、平成26年3月に刊行されました。(260409)

●読売新聞3月31日(月)朝刊にて、春名幹男理事による寄稿「ウクライナ危機 出口見えず」が掲載されました。(260409)

●北海道新聞12月16日(月)1面および33面にて、占領期の札幌における郵便検閲に関する取材記事が掲載されました。(260327)

●読売新聞11月25日(月)朝刊文化面にて、春名幹男理事による寄稿「盗聴問題 米の混迷あらわ」 が掲載されました。(260327)

●岩波書店より、加藤哲郎理事による著書『日本の社会主義―原爆反対・原発推進の論理』(岩波現代全書)が、12月18日に刊行されました。(260108)


<平成25年>

●12月16日(月)深夜3時16分、テレビ朝日系列「テレメンタリ―2013」にて当研究所加藤哲郎理事ならびに渡部富哉氏が協力した、 「父はスパイではない!~革命家・伊藤律の名誉回復~」(制作:ジン・ネット)が放映されました。(251224)

●山本武利理事長のコメントが掲載された「筆禍をたどって」(第8回・第9回)が9月5日・6日の朝日新聞夕刊に掲載されました。(251106)

●山本武利理事長による最新著書『GHQの検閲・諜報・宣伝工作』の書評(保坂正康氏)が、 朝日新聞朝刊(9月15日付)に掲載されました。(250919)

●山本武利理事長による著書『GHQの検閲・諜報・宣伝工作』が7月18日に岩波書店 (岩波現代全書)より刊行されました。(250719)

●加藤哲郎理事による公文書発掘および伊藤律スパイ説修正に関するコメントが、 東京新聞夕刊(5月28日付)に掲載されました。(250530)

●山本武利理事長による史料発掘の記事「GHQで検閲担当 日本人の名簿確認 延べ約1万人分」が、 毎日新聞夕刊(5月10日付)に掲載されました。(250510)

●週刊ポスト4月19日号記事「松本清張の名作ノンフィクション『日本の黒い霧』が読めなくなる!?」に加藤哲郎理事のコメント (川合貞吉に関するファイルの存在)が掲載されました。

●産経新聞4月18日付記事「スターリン『大粛清』 日本人犠牲者 新たに5人判明」に、加藤哲郎理事のコメントが掲載されました。


<平成24年>

●朝日新聞夕刊10月6日付記事「昭和史再訪 20年(1945年)9月: プレスコード開始」に、山本武利理事長のコメントが掲載されました。

●毎日新聞9月18日付記事「満州事変から81年」に、山本武利理事長のコメント(戦時報道 検証をさらに)が掲載されました。

●読売新聞6月18日付に、山本武利理事長の資料発掘に関する記事「陸軍中野学校『忍術』教えた 1期生授業で」、ならびに同理事長のコメントが掲載されました。

●産経新聞5月11日付記事「独に流れた・・・ソ連対日参戦のヤルタ密約情報ー『小野寺電』に有力証拠」に、加藤哲郎理事(当時副理事長)のコメント (抹殺された不都合な真実)が掲載されました。