私のプロファイル 《河合 正治》

  1944年   福岡県生まれ(72歳)
  1967年   東京工業大学理学部応用物理学科卒業
            日本光学工業株式会社(現ニコン)入社  研究所配属
            システムエンジニアとして生産技術の自動化や高機能化に従事
  1984年   精密工学会 事業企画委員に就任
  1986年   精密工学会事業担当理事に最年少で就任   3期6年在任
            前半 学会財政危機の立て直し担当
            後半 事業担当 精密工学会の新規分野を探索
              人間工学・バイオテクノロジーとの融合を進める
            精密工学会論文賞審査委員、精密工学会誌論文査読委員 等 就任
  1988年   日本水泳連盟からの依頼で、東京での水泳国際大会における
            ビデオ判定システム開発担当(現在世界標準となっている)
  1889年   機械学会出版部会委員就任
  1991年   日本水泳連盟競泳委員就任
  1992年   日本オリンピック委員会 競泳強化コーチ就任
  1993年   居を構えた神奈川県中郡二宮町に「二宮町水泳協会」を設立
            水泳普及活動に励む。健康志向も追い風で町の最大団体に成長
            それを背景に7000名の署名(町の成人人口の40%)をもって
            当時の町長に温水プール建造を嘆願
  1995年   神奈川県で初めての町立温水プール開館(河合記念プール)
  1996年   ㈱ニコン システム本部長に就任(部下600名)
  1998年   北大副学長の岸波教授強い進めもあって北大で工学博士号取得
            博士論文「義歯のコンピュータ支援作成システム」(世界初)
  1998年   北島康介選手の技術担当コーチに就任
  1999年   東京都立大学工学部精密計測学第2講座で1年間非常勤講師担当
            スポーツエンジニアリング講義
  2001年   千葉大学工学部コンピュータ援用工学講座で
            半年非常勤講師担当 スポーツエンジニアリング講義
  2002年   2001年度世界選手権で北島康介選手が100m平泳ぎ種目で
            世界記録樹立(動作解析による泳法技術の指導担当)
  2003年   秩父宮記念スポーツ医科学功労賞を受賞
             (北島選手の科学的支援の功績)
  2004年   くりあげで、ニコンを定年退職
  2015年   博士論文の開発技術「義歯のコンピュータ支援作成システム」での
            歯科治療法が健康保険適用になる。正式治療技術として国が認定。
  現在      スポーツアナリスト
           スポーツエンジニアリング従事

閉じる